中高年、シニア世代から取得できる資格を多数紹介

%e8%b3%87%e6%a0%bc%e5%8f%96%e5%be%97

アクティブシニアという言葉に代表されるように、現代のシニア、中高年世代は、お元気です。
50代、60代になってから、大学進学を目指す人も増えています。
そのようなニーズを反映して最近では各地の多くの大学で特別講座が開かれたり、社会人入学枠を増やしたりしています。
また、定年後、独立開業を目指す人、再就職にチャレンジする人、ボランティアとして活躍したい人など、人によりさまざまですが、ある特定な分野の「資格取得」が必要になる場合もあります。

その動機はさまざまですが、大きく分けて「再就職に生かしたい」、「独立、開業したい」、「スキルアップしたい」、「趣味として楽しみたい」というように分けられます。

60代で定年を迎えても、まだまだ長いその後の人生が控えています。今後の人生をより豊かに生きるためにも「資格取得」は有利なアイテムとなる事でしょう。

 

中高年から資格取得にチャレンジ!

 

中高年から資格取得にチャレンジしても決して遅くはありません。
殆どの資格に年齢制限はないからです。
しかし、若い世代向きの資格と中高年世代に向いている資格というものは存在します。
さらに、今後も需要が見込まれる資格や、仕事としての需要はないが趣味として楽しむための資格なども存在します。
現在は多くの企業がIT化を果たし、さまざまな部署に配属する中高年世代にも、否応なくパソコンのスキルが求められます。
さらに目前に迫る高齢化社会に関連した資格はすでに人材不足が叫ばれています。

また、再就職のための資格取得を目指している方は、やみくもに資格を選ぶのではなく、どのような企業がどのような人材を欲しているかを調査した上でチャレンジすると、成功の確率が高くなります。

 現在の日本では国家資格・公的資格・民間資格あわせると1,000以上もの資格があります。その中から特にシニア・中高年に人気の資格をピックアップしてみました。

現在、わが国で取得する事のできる「資格」は大きく分けて次の3種に分類されます。

〔国家資格〕
法律に基づいて国が試験を実施するもの。専門的な知識や技能が一定のレベルに達していることを試験などで行政が確認し、達している事が認められれば、一定の行為を行うことを許可するもの。試験の難易度は高いが最も信頼性がある資格。

〔公的資格〕
国家資格と民間資格の中間に位置付けられる資格。主に省庁が認定した審査基準を基に、民間団体や公益法人が試験を実施。その試験に合格した者に与えられる資格。

〔民間資格〕
民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて任意で与える資格。法規制がなく、企業や団体が独自に作成するのでさまざまな資格が存在する。

 

資格取得の始め方

中高年・シニア世代の方が資格取得を目指す場合は、まず情報収集から始めましょう。インターネットや書籍などを利用すれば、資格に関する難易度や勉強の仕方、費用、試験の受け方などの情報を収集する事ができます。

また、もう少し詳しく知りたい資格に関しては、通信講座などの無料資料を請求してみましょう。

 

 

①何のための資格なのか?

定年後に再就職するための資格

定年後もまだまだ働きたいという方におすすめの資格です。今までの職業に関連した資格の他、興味のあるまったく新しい分野の資格に挑戦しても良いですね。

再就職のための資格取得を目指す方は、企業のニーズに沿った資格を選ぶ必要があります。現在の日本の転職市場では、未だに年齢制限が厳しいのが実情ですが、中高年でも即戦力となり得る資格を持っていればある程度有利になります。またその資格に即した実務経験があればさらに有利になると言えます。

パソコン検定
カラーコーディネーター
CAD利用技術者
医療事務
ファイナンシャルプランナー
第二種電気工事士
インテリアコーディネーター
WEBデザイナー
MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
危険物取扱者
測量士・測量士補
フォークリフト運転者
テクニカルエンジニア
基本情報技術者
オラクルマスター
公害防止管理者
臭気判定士
移動式クレーン運転士
マルチメディア検定
DTP検定

●パソコン検定
●医療事務
●ファイナンシャルプランナー
●第二種電気工事士
●危険物取扱者
●フォークリフト運転者
●ボイラー技士
●英語検定
●福祉住環境コーディネーター
●消費生活アドバイザー
●グリーンアドバイザー
●マイクロソフトオフィススペシャリスト
●サプリメントアドバイザー

定年後に独立するための資格

独立・開業を目的とした資格は中高年世代に最も人気のある資格と言えます。
今までの経歴に関係なく、本人にやる気さえあれば取得可能な資格が多く、「就職難、リストラ」などといった企業本位の社会動向とまったく無縁だからです。

定年後に独立を考えている方におすすめの資格です。中にはちょっと難しい国家資格
含まれていますが、それだけに挑戦しがいのある資格です。

●社会保険労務士
●土地家屋調査士
●弁理士
●中小企業診断士
●行政書士
●宅地建物取引主任者
●クリーニング師
●リゾート管理士
●調理師
●はり師・きゅう師
●製菓衛生士

 

独立・開業を目指す資格

独立・開業を目的とした資格は中高年世代に最も人気のある資格と言えます。
今までの経歴に関係なく、本人にやる気さえあれば取得可能な資格が多く、「就職難、リストラ」などといった企業本位の社会動向とまったく無縁だからです。

社会保険労務士
不動産鑑定士
土地家屋調査士
税理士
弁理士
中小企業診断士
公認会計士
行政書士
司法書士
宅地建物取引主任者
技術士
調理師
製菓衛生師
海事代理士
クリーニング師
ITコーディネータ
リゾート管理士
あん摩マッサージ指圧師
SOHOビジネススキル検定試験

 

スキルアップに役立つ資格


現在の仕事を続けながら、スキルアップをしたいという希望を持っている中高年世代におすすめの資格です。仕事の実情に合わせ、効率的に資格を取得する事により、収入アップが見込まれる可能性もあります。

簿記検定
ITパスポート試験 
旅行業務取扱管理者
ボイラー技士
管理栄養士
販売士
TOEIC
秘書技能検定
ビジネスキーボード認定試験
MOT(マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー)
電卓技能検定
WEBデザイン技能検定
英語検定
 

定年後に趣味を楽しむ資格

趣味を深め、楽しみたいという方におすすめの資格です。資格取得後は、ボランティアとして活躍したり、趣味と実益を兼ねる事も可能です。

●アロマテラピー検定
●ティーインストラクター
●中国語検定
●グリーンアドバイザー
●折り紙講師
●賞状技法士
●森林インストラクター
●きものコンサルタント
●ハーブコーディネーター
●韓国語能力試験(TOPIK)
●食生活アドバイザー

園芸・ガーデニング
健康にもプラスになります。
プリザーブドフラワー
枯れない花の作り方をマスター。
賞状書士
趣味と実益を兼ねる技術を身につけることも・・
アロマテラピー
自然の香りで心身をリラックス。
色鉛筆画
絵を描くことが好きな中高年の方に・・・
英会話
何歳からでも遅くありません。
ボールペン習字
時代を超えて大人気の通信講座です。

 

 

介護・福祉関連の資格


今後、最も需要が見込まれる資格として、介護・福祉関連の資格があります。すでに人材不足の社会情勢を背景に、中高年世代でチャレンジする人も増えています。

ホームヘルパー
介護福祉士
社会福祉士
介護支援専門員(ケアマネージャー)
福祉住環境コーディネーター
精神保健福祉士
介護保険事務
ガイドヘルパー
手話通訳士
カイロプラクター
看護助手
福祉用具専門相談員
調剤事務
サービス介助士
医療秘書
健康生きがいづくりアドバイザー

 

趣味・実益を兼ねた資格

得意な事、やってみたい事を持っている中高年の方には、趣味と実益を兼ねた資格取得をおすすめします。
このような視点から取得した資格は、今後の人生をより豊かなものにするためにも役立ちます。
 ■エコ検定
 ■アロマテラピー検定
 ■きき酒師
 ■ティーインストラクター
 ■ハーブ検定
 ■漢字能力検定
 ■世界遺産検定
 ■声優検定
 ■中国語検定
 ■日本茶インストラクター
 ■編物技能検定
 ■時刻表検定
 ■グリーンアドバイザー
 ■賞状技法士
 ■映画検定
 ■旅行地理検定
 ■折り紙講師
 ■ネイリスト技能検定
 ■森林インストラクター
 ■きものコンサルタント
 ■フィッシング海上安全指導員

 

定年後に再就職するための資格

定年後もまだまだ働きたいという方におすすめの資格です。今までの職業に関連した資格の他、興味のあるまったく新しい分野の資格に挑戦しても良いですね。

●パソコン検定
●医療事務
●ファイナンシャルプランナー
●第二種電気工事士
●危険物取扱者
●フォークリフト運転者
●ボイラー技士
●英語検定
●福祉住環境コーディネーター
●消費生活アドバイザー
●グリーンアドバイザー
●マイクロソフトオフィススペシャリスト
●サプリメントアドバイザー

定年後に独立するための資格

定年後に独立を考えている方におすすめの資格です。中にはちょっと難しい国家資格
含まれていますが、それだけに挑戦しがいのある資格です。

●社会保険労務士
●土地家屋調査士
●弁理士
●中小企業診断士
●行政書士
●宅地建物取引主任者
●クリーニング師
●リゾート管理士
●調理師
●はり師・きゅう師
●製菓衛生士

定年後に趣味を楽しむ資格

趣味を深め、楽しみたいという方におすすめの資格です。資格取得後は、ボランティアとして活躍したり、趣味と実益を兼ねる事も可能です。

●アロマテラピー検定
●ティーインストラクター
●中国語検定
●グリーンアドバイザー
●折り紙講師
●賞状技法士
●森林インストラクター
●きものコンサルタント
●ハーブコーディネーター
●韓国語能力試験(TOPIK)
●食生活アドバイザー

趣味を楽しむための通信講座

園芸・ガーデニング
健康にもプラスになります。
プリザーブドフラワー
枯れない花の作り方をマスター。
賞状書士
趣味と実益を兼ねる技術を身につけることも・・
アロマテラピー
自然の香りで心身をリラックス。
色鉛筆画
絵を描くことが好きな中高年の方に・・・
英会話
何歳からでも遅くありません。
ボールペン習字
時代を超えて大人気の通信講座です。

 

マンション管理士
マンション管理コンサルタントとして独立開業。
宅地建物取引主任者
中高年の方や、女性にも人気の資格。
第二種電気工事士
常にニーズがあり、仕事も安定。

 

>>再就職のための資格

再就職のための資格取得を目指す方は、企業のニーズに沿った資格を選ぶ必要があります。現在の日本の転職市場では、未だに年齢制限が厳しいのが実情ですが、中高年でも即戦力となり得る資格を持っていればある程度有利になります。またその資格に即した実務経験があればさらに有利になると言えます。

パソコン検定
 カラーコーディネーター
 CAD利用技術者
医療事務
ファイナンシャルプランナー
第二種電気工事士
インテリアコーディネーター
WEBデザイナー
MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
危険物取扱者
測量士・測量士補
フォークリフト運転者
テクニカルエンジニア
基本情報技術者
オラクルマスター
公害防止管理者
臭気判定士
移動式クレーン運転士
マルチメディア検定
DTP検定

 

介護・福祉関連の資格


今後、最も需要が見込まれる資格として、介護・福祉関連の資格があります。すでに人材不足の社会情勢を背景に、中高年世代でチャレンジする人も増えています。

ホームヘルパー
介護福祉士
社会福祉士
介護支援専門員(ケアマネージャー)
福祉住環境コーディネーター
精神保健福祉士
介護保険事務
ガイドヘルパー
手話通訳士
カイロプラクター
看護助手
福祉用具専門相談員
調剤事務
サービス介助士
医療秘書
健康生きがいづくりアドバイザー

 

独立・開業を目指す資格

独立・開業を目的とした資格は中高年世代に最も人気のある資格と言えます。
今までの経歴に関係なく、本人にやる気さえあれば取得可能な資格が多く、「就職難、リストラ」などといった企業本位の社会動向とまったく無縁だからです。

社会保険労務士
不動産鑑定士
土地家屋調査士
税理士
弁理士
中小企業診断士
公認会計士
行政書士
司法書士
宅地建物取引主任者
技術士
調理師
製菓衛生師
海事代理士
クリーニング師
ITコーディネータ
リゾート管理士
あん摩マッサージ指圧師
SOHOビジネススキル検定試験

 

スキルアップに役立つ資格


現在の仕事を続けながら、スキルアップをしたいという希望を持っている中高年世代におすすめの資格です。仕事の実情に合わせ、効率的に資格を取得する事により、収入アップが見込まれる可能性もあります。

簿記検定
ITパスポート試験 
旅行業務取扱管理者
ボイラー技士
管理栄養士
販売士
TOEIC
秘書技能検定
ビジネスキーボード認定試験
MOT(マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー)
電卓技能検定
WEBデザイン技能検定
英語検定
 

 

趣味・実益を兼ねた資格

得意な事、やってみたい事を持っている中高年の方には、趣味と実益を兼ねた資格取得をおすすめします。
このような視点から取得した資格は、今後の人生をより豊かなものにするためにも役立ちます。
 ■エコ検定
 ■アロマテラピー検定
 ■きき酒師
 ■ティーインストラクター
 ■ハーブ検定
 ■漢字能力検定
 ■世界遺産検定
 ■声優検定
 ■中国語検定
 ■日本茶インストラクター
 ■編物技能検定
 ■時刻表検定
 ■グリーンアドバイザー
 ■賞状技法士
 ■映画検定
 ■旅行地理検定
 ■折り紙講師
 ■ネイリスト技能検定
 ■森林インストラクター
 ■きものコンサルタント
 ■フィッシング海上安全指導員

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る